万全なほうれい線対策は、正しいスキンケアから!

ほうれい線 消す → ほうれい線を消す方法│毛穴のトラブルが原因の場合

ほうれい線を消す方法│毛穴のトラブルが原因の場合

毛穴の汚れが目立つと、それだけで老けた印象を与えてしまうことがあります。また、実は毛穴のトラブルが原因でしわが目だったり、ほうれい線が濃くなるということはご存知でしょうか。
コラーゲンを摂取して美肌を作れ!40代からの美肌対策

健康な状態の毛穴は、丸い形をしています。しかし、肌の状態が悪化してしまうと、これが楕円系になったり、線になってしまうことがあるのです。そうなると、毛穴同士が合体して大きなしわになってしまいます。これを帯状毛穴というのですが、大きな原因は毛穴の原因の他に、肌のたるみも挙げられます。

つまり、帯状毛穴を改善するためには毛穴を健康で清潔な状態にするだけでなく、肌のたるみも改善する必要があるということです。毛穴が変形したり、広がってしまう原因は、紫外線や乾燥、皮脂の過剰分泌によるものです。紫外線対策は、一年を通して行うように心がけましょう。

乾燥については、保水だけでなく、保湿をしっかり行うことが大切です。化粧水はたっぷりつけているものの乳液をつけていなかったりと、保水をしているのに保湿をしていない人も多いようです。これではせっかく補給した水分が蒸発してしまうので、必ず保湿をしてあげなければなりません。

帯状毛穴は、鼻の両脇や、頬のあたりにできてしまうことが多いので、このあたりは肌の様子をよく観察しておいたほうがいいですね。基本の対策は、正しいクレンジング・洗顔と乾燥対策です。

毛穴に汚れが詰まっているとどうしても毛穴が広がってしまうので、まずは汚れを溜めこまないようにしましょう。洗顔はしっかり行っているという人の中にも、クレンジングが上手にできていないためにメイク汚れを毛穴に溜め込んでしまっている人がいます。

毎日メイクをしている人は、それだけ毛穴に汚れが溜まりやすい状態だということを理解しておきましょう。洗顔後は毛穴の汚れが取れて毛穴が開いた状態になっているので、引き締め効果がある化粧水でしっかり引き締めることも大切です。最後に保湿をすれば、健康な肌作りに繋がります。

スキンケアでしわ対策

洗顔方法を間違えている人の場合、ただ洗顔方法を見直すだけでしわの改善に繋がることが多いです。ですが、正しい洗顔を行っているはずなのにしわが目立つという人は、洗顔後のスキンケアにも力を入れてみましょう。

化粧水は、肌に水分を補給するために大切なものです。ただ、化粧水はしっかり使っているものの、クリームや美容液は使っていないという人もいるようです。

肌の状態に満足しているのであれば必要ありませんが、化粧水や乳液だけでは補給しきれない栄養素を補給できるのがクリーム・美容液なので、こちらも使ってみるといいでしょう。

様々な商品がありますが、しわ対策に有効なのがコラーゲンが配合されている美容液やクリームです。コラーゲンを補給することにより、肌に弾力を取り戻すことができます。

それから、コラーゲンと同じく美容成分として人気が高いのが、ヒアルロン酸です。どちらも若々しい肌を作るためには欠かせない成分でもあるので、両方配合されているものを選ぶといいですね。

洗顔後、どのようなスキンケアを行えばいいのか分からないという人のために、スキンケアの流れを紹介します。まずは正しい洗顔を行うことが何より重要です。洗顔の方法を間違えてきちんと汚れを落とすことができていないと、美容液などの成分も肌に吸収されにくいです。

洗顔後は化粧水をつけて肌に水分を補給してあげます。美容液をつけるから化粧水はつけないという人もいるようですが、化粧水と美容液では肌に対する役割が違うので、両方必要です。

化粧水が終わったら美容液をつけましょう。しわが気になる部分には特に念入りにつけるようにするといいですね。ただ、たくさんつければつけるほど効果があるというものではないので、商品に記載されている量を守ることが大切です。

続いて乳液、クリームの順でつけます。べたべたするイメージがあるかもしれませんが、これらには化粧水・美容液の成分に蓋をする働きがあるので大切です。ただ、乳液だけで十分保湿できている人は、無理にクリームを使う必要はありません。